title-%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95%e6%a3%ae%e3%81%8f%e3%82%93%ef%bd%82%ef%bd%8c%ef%bd%8f%ef%bd%87%e3%80%80%e3%80%8e%e4%b8%80%e7%9e%ac%e3%81%a7%ef%bd%8f%e8%84%9a%e3%81%8c%e6%b2%bb%e3%81%a3%e3%81%9f

スタッフ森くんblog 『一瞬でO脚が治った?検査をしっかり行うことの重要性』

検査をしっかりと行う
当院の特徴の一つです。
症状がなんであれ、原因は人それぞれです。

当院の人気コースであるO脚整体も同様に
まず検査をしっかりと行います。

O脚と言えど
・姿勢
・骨盤
・構造的な問題
と原因は人それぞれです。

今回は
・他色々な場所に行ったけど
・ネットや雑誌の情報を参考に色々試してるけど
『一向に変わらない』という方に
こんな原因もあるの!?と思って頂ける内容となっていますので
ご覧ください。
_____________________________
まずは2枚の写真を見比べて見ましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら
BEFORE & AFTERではございません。

逆なんです。
最初の①がAFTERです。
しかも1分後に撮影した物です。

それじゃあO脚になっちゃったってことじゃん!!
と思われるかもしれませんが

一瞬でO脚にできたということは、O脚にする原因が分かっているからです。

それを説明していきますね。

私の普段の足はこれ

 

 

 

 

 

 

 

 

これはあることをして、わざとO脚にしたものです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はわざとあることをしていますが
このような状態が原因で、結果O脚になる方がいらっしゃるんです。

では何をしているのかと言うと・・・
太ももを内側に捻っているんです。

膝の向きを見て下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

左は膝が外を向いていますが
右は正面を向いていますよね。

ではこのような場合、膝を外に向ければ良いのかというと、そうではありません。

歯車を一つ回すと、隣の歯車が動き、そのまた隣が・・・というように
身体も運動の連鎖が生まれます。

先程の太ももを例にしてみると
骨盤が前に倒れ

太ももが内に捻じれ

ふくらはぎが内に捻じれ

足首が捻れる
という連鎖が起きているのです。

ですから、太ももの捻じれは、単に太ももが原因だということではなく
姿勢の崩れによる骨盤の傾き
足首によるもの
O脚の隙間をなくそうと膝を内に捻っていること
などがが関係している可能性があるのです。

このような場合
足だけにアプローチしていてはなかなかO脚は良くならないのです。

これは、O脚の原因の一つでありますので
他の要因もあります。

しかし、あまり聞いたことない今回のような原因があるこ言うことをご理解頂けたのでは
ないでしょうか?

色々試しているけど一向に良くならない
という方は一度専門家に見て頂くことをお勧めします。

もちろん当院大歓迎です\(^o^)/

 
お問い合わせ